アマチュア中心の終活クラブ

家族葬で納得のいくお別れを

近年、家族葬という言葉をよく耳にします。

お寺

家族葬儀とは、遺族をはじめとした故人とゆかりの深い人間たちだけで通夜から告別式、初七日の法要から火葬までとりおこなう葬儀のスタイルです。
一般の弔問客とのやりとりを避け、心行くまで故人とのお別れを行えるということで、家族葬を選択する人が増えています。
その他のメリットとしては、少人数の葬儀になるため返礼品や料理の手配が簡略化できることが挙げられます。
一般の葬儀では弔問客の数が読めないことも多く、多少の余裕を持って返礼品や料理を手配することがほとんどです。
そういった未確定の要素ができるだけ省略できるため、予算が立てやすいのが利点でもあります。
また、大きな斎場を使わないためスケジュールにも余裕が立てやすいことが挙げられます。

家族葬儀のメリットとデメリットを理解しましょう

デメリットとしては、葬儀に参加しなかった友人知人が後日弔問に訪れることもあるため、そういった人々への対応が必要になることです。
また、親族の中には家族だけで葬儀をとりおこなうことに対し、世間体を気にして反対する人もまだまだ多いため、親族間での話し合いが必要になることがあります。
たとえ家族葬が故人の遺志であったとしても、残された人々の間で合意が得られないとのちのち禍根を残す可能性もあります。
なぜこのスタイルで葬儀を行うのかきちんと説明し、理解を得ることが大切です。

親族の理解を得られれば家族葬にするメリットは大きいです

しかし、こういったデメリットをクリアすれば、弔問客への対応に追われることなくゆっくりと故人との最後のひと時を過ごすことができます。
葬儀は故人のためでもあり、また、遺された遺族のためのものでもあります。
納得のいくスタイルで、故人との別れを行うことが悲しみを癒す手助けにもなります。

最新記事