家族葬儀と盛大な葬儀のメリット・デメリット

最期の別れを多くの人に見送られる葬儀

故人が生きてきた中で、お世話になった人などから最期の別れを告げて貰う事は、葬儀を行う中で大切になります。
今までの故人の人生を大勢で見送ることは、大切に思う周りの気持ちでもあるのです。
亡くなった方の思い出を語り合いながらしのぶ気持ちは故人に届くことかも知れないのです。
故人が好きなものを最期に持たせることがあります。
そのことで安心して旅立つことを見送りたいと思う遺族の思いです。
生きていた証でもある思い出を、多くの人と語り最期を見送ることは、故人を大切に心の中に留めておきたいと思う心理でもあるのです。
大切な人だからこそ、多くの人にしのんで欲しいと家族は思うものです。

家族葬儀とは異なるメリットがあります

多くの人が葬儀に参列してくれる時は、それだけ家族にとっては大切な人を見送るという意識が高まるものです。
残された遺族にとっては、これから先どの様に心の整理をしていくか考える時間でもあるのです。
その時間に仕事を休み気持ちを落ち着かせる大切な時期です。
気持ちを新たにして、故人を心の中で大切に守りながら生活を続けていく事になります。
大切な家族だからこそ、欠かせないことになります。
家族の気持ちを汲んで周りの人の心の気遣いに優しさを感じる瞬間でもあるのです。

家族を思う葬儀としての基本は同じ

人が居なくなるという寂しさは家族にとっては、計り知れないことです。
しかし誰もが経験する事です。
その経験を通して人は成長していきます。
残された家族の心を落ち着かせる大切な式でもあるのです。
また今まで関わりのあった人に対しての故人からの最期の別れでもあるのです。
この様に大切な時間を多くの人と過ごすことになります。
人の尊さを知る大切な機会にもなります。
気持ちを新しくしていくために必要なことなのです。